ついに始まった卒業対策委員会で早くも修羅場に・・・

今月年長さんの卒園式があり、それと同時に来年度に向けて新年長さんの卒業対策委員会がスタートしました。

 

いや、スタートするはずでした。

 

まさか初回の係決めで早くも修羅場になるとは・・・

1年やっていけるのか不安で仕方がありません。

これから卒業対策委員会が始まるという方も多いと思いますので、実況中継で(笑)活動の流れを紹介させていただきます。

そもそも卒業対策委員会(卒対)って何?

スポンサーリンク

幼稚園や保育園の年長さんの親がほぼ1年かけ卒業に向け、準備をすることをほとんどの園で卒業対策委員会と呼んでいます。

具体的に何をするかは園によって違いますが大体下記のようなことをします。

 

・卒業アルバム作成

年長さんの時の行事・時には普段の園での様子を仕事を休んで写真を撮り、アルバムの構成や写真選定を行います。

園お抱えのカメラマンさんがいる園はカメラマンさんの写真を使うので保護者が写真を撮るという作業はなくなります。

長女の園も園お抱えのカメラマンさんがいますが、なぜかカメラマンさんの撮った写真を卒業アルバムに入れることはできないため保護者が撮影します。

どの係よりも担当する保護者が多いため、保護者をまとめるのが大変で大体数人の方に負担が偏ってしまうようです。

 

・謝恩会係

卒園式後に、先生たちに今までの感謝の気持ちを伝える会の進行や準備をする係。

何人参加するのか、園でお弁当を注文するのか、お店を借りるのか、余興を考えたり、当日のスケジュール決め、会場飾りつけなどなどやることはどの係よりもあり大変です。

・記念品係

園や先生方、子どもたちへの記念品を考え発注する係。

大体例年通りのものでやることも少ないため、楽でやりたいと希望する方が多いです。

 

・会計係

こちらも例年通りの予算でまずは係ごとの予算を決め、お金を管理する係です。

比較的仕事は楽ですが、長女の園では現金で保護者が保管するため集金した当日は20万円以上の大金を持ち歩き、そのお金を自宅で管理しなくてはいけないため、毎年やりたがる人はいないようです。

係決め起きた悲劇

スポンサーリンク

係決めをするまでは保護者同士が仲が良く、きっと卒対もスムーズにいくだろうと思ってました。

ですが、最初の卒対会議(主に係決めが目的)で悲劇が・・・

 

突然1人の保護者が「仕事が激務のため卒対の係は辞退したいです」と言い出したのです。

大人数の保育園・幼稚園だと保護者全員ではなく一部の方が卒対の係になり、準備をしていくという園もあるようですが、長女の園はそんなに同学年が多くないため全員が何かしらの係をしなくてはいけないのを知っているはずなのにまさかの辞退発言・・・

「知ってます?保育園って仕事をしている人(例外もありますが)が子どもを預けてるんですよ?」と小心者なので心の中で大声で叫びました(笑)

 

一気に無言になる部屋・・・

 

しかも、しかもですよ。

別の方も「私も仕事が激務なので辞退できるならしたい。係にならなくてはいけないのであれば、係にはなるけど実際にはほとんど卒対の対応はできない」って言いだしたんです・・・

 

もう終わった・・・と思いました。

 

長女の代の保護者にものすごく力のあるリーダーという人がいないため、その後もまったく話し合いにならず係決めで係が決まらないという園始まって以来の事態になってしまいました。

最後にやはりどんなに仕事が多忙でも何かしらの卒対係はやる必要があることを、プチリーダーのような方が勇気を振り絞って言って下さり次回3月末のクラスの保護者会までにどの係をやりたいか改めて考えることになりました。

 

この先不安で仕方ないです。

卒対の係が決まったら、またブログにアップさせていただきます。(このブログがバレたらどうしよう(笑))

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ページ上部へ戻る