慣らし保育ってどのくらいの期間がかかるの?

もうすぐ4月ですね。

4月に入ると保育園は大忙し、赤ちゃんの泣き声が園内に響きわたり1年でもっともうるさい時期かも(泣き声も可愛いですよね♪)

初めて保育園にお子さんを預ける方は不安で仕方ないと思います。

そして、意外と知らない慣らし保育の期間を紹介します。

 

慣らし保育っていつから始まるの?

スポンサーリンク

実は私、慣らし保育って4月前にするものだと思ってました。

3月末ごろから慣らし保育を始めて、4月からフルで預けるものだとばっかり思っていたのでなんと1人目を保育園に預けた際会社に4月1日から復帰しますと伝えていました・・・

結局復帰日を延期することもできなくなり、保育園の入園式から慣らし保育期間すべて私の母にお願いすることになってしまうという大失態(笑)

2人目の保育園入園説明会でとなりに座っていた方が先生に「4月から慣らし保育なんですか!?4月1日から会社に復帰なんですけど!!」と私と同じ失敗をしている方がいたので、もしかしたら毎年1人くらいそういう方がいるのかもしれません。

例外はあるかもしれませんが、ほとんどの保育園は4月の平日1日目に入園式、次の日から慣らし保育が始まります。

なんで4月から慣らし保育なの?

なんで4月から慣らし保育なの?3月末から慣らし保育をしてくれればいいのにって思いますよね。

理由は3月末まで年長さんがいるからです。

保育園では大体3月の1週目から3週目までに卒園式をしますが、卒園式後も3月末までは保育園に通うのです。

そのため、人数的に新入園児の慣らし保育をする余裕がないのです。

慣らし保育ってどのくらい時間がかかるの?

慣らし保育にかかる時間ですが、これは保育園によって全然違います。

1週間ほどで終わる保育園がほとんどですが、中には1カ月も慣らし保育期間がある保育園もあるので、事前の見学の際や遅くても入園説明会の時に慣らし保育の期間は確認してください。

1カ月も会社復帰ができないなんて無理!!という方は会社の復帰日を保育園に伝え相談してみてください。

保育園によって慣らし保育期間は異なるのですが、午後まで保育時間が長くなる時には(大体2~3日目くらいで午後まで保育されることが多いです)給食を食べれるかというのも重要なポイントです。

中には給食拒否、水分も拒否する子がいるのでそういう子はお昼頃に「水も飲まないので今日は午後保育が無理です。お迎えに来てください」と連絡が来ます。

水や給食が保育園で食べれるまで、お昼以降の保育はできないので給食・水を拒否する子は慣らし保育期間が長くなります。

幸いわが子はよく泣いていたようですが、食事はたっくさん食べてくれたので2人とも1週間ほどで慣らし保育が終了しました。

 

慣らし保育に親が同伴する保育園があるって本当?

 

最近慣らし保育の時に親が同伴する保育園が増えているのをご存知ですか?

私の知人の子が通っている保育園では、慣らし保育は親同伴なんだそうです。

やっと子どもを預けて会社復帰まで自分の時間ができる♪と思ったら、同伴でまったく自分の時間がなかったそうです・・・

慣らし保育で親が同伴する保育園が増えている理由としては、ほとんど初めての保育園、ほとんど初めて会う保育士さんにいきなり預かってもらうより親と一緒にまずは保育園や保育士さん、他の園児と触れ合うことで保育園に慣れるが全然違うというのが理由だそうです。

 

な、なるほど。それはなんとなくわかりますよね。

とはいえ、慣らし保育期間に保育園で必要なお食事エプロンなどを作ろうと思っていたのに!!という方にとっては結構つらいですよね。

やはり入園前にきちんと慣らし保育期間、慣らし保育のやり方などは聞いておいた方がいいですよ。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか。

慣らし保育といっても保育園によって全然違うので、まずは通う保育園によく確認してみて下さい。

最初はお子さんも保育園に預ける際に泣くと思いますが、5月後半くらいにはすっかり慣れてくると思いますよ。

うちの子はある日急に預ける際「ばいばーい」と笑顔で手を振ってくれました。

やっと慣れたー。というよりえ?慣れたの?ママと離れて寂しくない?泣いていいんだよ?ってゆーか泣いて!!!と言ってしまいました(笑)

親より子どもの順応性は早いです。

悲しいですが、ママが仕事に慣れるよりお子さんが保育園に順応する方が早いかもしれませんよ。

 

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ページ上部へ戻る