前妻さんと離婚後のこと

主人は前妻さんと離婚したものの、養育費などの金額を決めずに離婚をしました。

離婚後に提示した前妻さんの養育費はとても高額でした・・・

前妻さんから要求された養育費の金額は!?

スポンサーリンク

前妻さんから要求された養育費は子ども2人分で12万円でした。

一般的に養育費は旦那さんの給与にもよるものの子ども1人に付き2~3万円です。

主人のお給料を考えても、多くて6万円が妥当なのですがまさかのその倍の金額を要求してきました・・・

ただ、前妻さんは当時専業主婦で収入0。

それを考えてもお給料から12万円渡してしまったら、主人は生活していけません。

そこで調停をすることになりました。

そこでも変わらず、前妻さんは12万円を要求。

ただ、調停員さんから「12万円を渡してしまったら元旦那さんは生活できません。一般的に高額な養育費で決定してしまうとその後全額支払いが止まってしまう人が多いので、ここは払える限度額の6万円にしましょう」と提案されましたが、激怒し隣の部屋にいた主人にまで聞こえるほど大きな声で怒鳴りつけていたようです。

何度も調停を繰り返し、もう裁判しかないかも・・・と思った矢先、一人暮らしをしていた家に前妻さんのお父さんとお母さんがきました。

 

お前のせいだ

前妻さんのお父さん、お母さんは玄関で「お前のせいで○○(前妻さん)の人生がくるった。12万円払うのは当然だ。少ないくらいだ。お前はホームレスになれ!」と怒鳴り散らし、隣の部屋の人が心配して声をかけてくれる位だったそうです。

主人は精神的に病んでしまい一時会社も休みました。

ちなみにこの時くらいに主人と会社で出会いました。

その当時は暗い顔をして笑った顔なんて見たことなかったな。

同僚からも心配され、連日主人の家に友人・同僚が来るようになりました。

結局・・・

主人と前妻さんの共通の友人が間に入ってくれ、養育費6万円で納得してもらえました。

その友人が前妻さんが働けるパート先を見つけてくれたようで、面接に合格したため納得してくれたようです。

ちなみに子どもたちは田舎ということ、シングルマザーということもあり保育園に年度途中で入園することができました。

 

これで前妻さんとは養育費を払って、子どもたちに月1回会うだけの関係になると思っていたのですが、

何かというとお金やモノを要求されるようになりました。

今も悩まされる理由はこれです。

長くなったので続きはまた明日。

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ページ上部へ戻る