前妻さんと離婚後主にお金関係・男性問題で悩まされています

前妻さんと別れ毎月6万円を渡していましたが、「これだけでは足りない。飢え死にする」と執拗に連絡があり結局8万円を渡すようになっていました。

でも別れてすぐ子どもたちと面会の時に、子どもたちからいろいろ聞いてしまったのです・・・

 

ママのお友達と一緒に暮らしてるの

スポンサーリンク

離婚してから子どもたちに会ったのは数か月経ってからでした。

下の子はまだ1歳にもなっていなかっため、長男くんとだけ面会をしたそうです。

(ちなみに面会の時は1日主人と子どもたちで過ごし、前妻さんはいません。)

離婚後の生活がどうなっているのか心配でたまらなかった主人は長男くんに今の生活について聞きました。

すると・・・

「今ママのお友達と住んでるんだよ。○○くんって言うの」と話したそうです。

そう、離婚をしてたった数か月で男性と同棲していたのです。

生活ぶりも以前と変わっていない様子なので、おそらく男性に生活費をもらっていたのだと思います。

さらに主人から8万円もらい、パートも始めていたので裕福だったのでしょう。

「毎月旅行に行ってるんだよ」とも長男くんは言っていたようなので。

対する主人は一人暮らしをするにあたり、いろいろ必要なものを買いそろえ貯金はほぼなくぎりぎりの生活だったようです。

この時点ではお金のことはまあいいとして、子どもがいる中すぐに男の人を連れ込んでいるのに驚いてしまいました。

しかも、半年ごとくらいに男の人が変わっていました。(長男くんが一緒に暮らしていると話してくれる男の人の名前が変わっているので、わかりました)

子どもにとってこの環境は良くないのではないか。

離婚当時から主人は始発・終電で変えるような激務だったため、子どもたちを引き取るということが難しかったのですが子どもから聞かされる男の人の話があまりにもひどく、(この部分は、ブログに書くのは控えます)弁護士に子どもを引き取ることが可能か相談しました。

結果としては1年母親に育てられた実績があるので、今から主人が引き取るのはよほどのことがないと難しい。

ただ、聞く限り子どもたちの環境はよいとは言えないので、主人がもっと短い時間での勤務となり、よくない環境であるという証拠を集めれば勝てる可能性はあるかもしれないということでした。

証拠と言っても長男くんの話だけでしたので、証拠集めは難航・・・

共通の友人たちに聞きまわっていたところで、前妻さんの耳にも入ってしまいました。

前妻さんはすぐにその時付き合っていた男性と別れ、泣きながら「男とは別れた。お願いだから子どもたちだけは取らないでほしい。」と連絡があったこともあり裁判をすることは断念しました。

今考えるとこのタイミングで子どもたちを引き取っていればよかったと思います。

前妻さんはまたすぐに男を連れ込み、夜遊びを繰り返していたそうなので・・・

数年経った今でもいろいろな男性と同棲しては別れを繰り返し、私たちには共働きなんだからもっと金をよこせ。

スマホ代を負担しろ。旅行に行くから費用を出せと数か月に1回連絡が来ています。

この先いつまで続くのか考えただけで嫌になります。

離婚をしたので、男の人と付き合ったり同棲したりするのは勝手だと思いますし、1人で子ども2人を育てることがいかに大変かは十分理解していますが子どもたちにどんな影響がでるかとても心配です。

 
にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ページ上部へ戻る