ミニマリストさんに影響されて家中のマットを捨てたけど、やっぱり我が家には必要だった話

1、2年くらい前かな。

ミニマリストやシンプルライフが流行った年に、ミーハーな私はミニマリスト・シンプルライフをしている方のブログを読み漁っていました。

どのミニマリスト・シンプルライフをしている方のお宅にもマット類がない!

「玄関マット・バスマット・キッチンマット・トイレマット」これらは今まで必要だと思っていたけど、なくても困らないことに気づいた。

「いらない」「不要」「捨てた」

これらの言葉を何度も使う方が多く、流されやすい私は「そうだ!いらない」「そうだ!不要だ」「そうだ!捨てるんだ!」といきおいに任せて「バスマット・キッチンマット・トイレマット」を捨てたのです。(玄関マットは元からありませんでした)

でもマット類を捨てて改めてマットは必要だ。なくては困ると感じるように・・・

こういう人多いんじゃないかな。

今日はミニマリスト・シンプルライフに影響して捨てたマットがやぱり必要だと気付いたお話をします。

マット類やっぱり必要!捨てちゃダメだった話

スポンサーリンク

ミニマリスト・シンプルライフにあこがれマット類を一気に捨てたのが1~2年前。

マット類を捨ててすぐに「あれ?マットがないってこんなに不便なんだ。やっぱり必要かも」そう感じました。

具体的には・・・

ーキッチンマット編ー

キッチンマットを捨ててからキッチン下のフローリングに油はねや水が結構落ちていることが多くて、料理後フローリングを拭くという手間が発生するようになりました。

キッチンマットってこんな油はね、水を受け止めてくれてたんだな。やるじゃんキッチンマット。キッチンマットに感謝する日々。

しかも、冬になるとフローリングで料理していると足元が寒くて・・・

靴下何枚重ねても寒くて結局暖房を強くする始末。

キッチンマットを捨てればキッチンマットを買わなくていいし、洗う手間もなくなるし、見た目もスッキリするしと思っていたけど、結局キッチンマットがないから余計な掃除の手間が増えるし、暖房代が高くなるし、フローリングも傷みそうで心配だし。といいことなし!

きっとこの生活にも慣れるはず。そう信じて半年くらいキッチンマットなし生活をしたけど、もう無理!キッチンマット必要!

すぐにキッチンマットを買ったのですが、やっぱりキッチンマットってすごい。

足元が一気に温かくなるし、夏もマットがあるとフローリングより気持ちいいし、料理後のフローリング掃除もしなくなったし良いことばかり。

我が家にはキッチンマット必要でした。

 

ーバスマット編ー

バスマットをなくす前からお風呂から出る前、浴室で体を拭いていたのでバスマットはいらないかも。とこれもまたミニマリスト・シンプルライフに影響され捨てました。

結果。浴室で体を拭いても脱衣所に水がすごい!!

特に子供の髪の毛についた水が落ちる落ちる!

タオルを巻いてあげてもすぐ取れちゃうし、1歳の次女は浴室で体を拭いても浴室に座りこんだりしてまた拭かなくてはいけなくなって結局1回脱衣場に出る必要があり、私もびしょ濡れなので脱衣所が悲惨なことに・・・

母からも「うちは子供がいるからバスマットがないというのは難しいんじゃない?」と言われてしまい。。

でも、でもミニマリスト・シンプルライフをしている方で小さいお子さんがいる方も結構いますよね。

そういう方はブログで小さい子どもがいるからミニマリスト・シンプルライフができないというのは間違い。物をシンプル・なくすことは可能と書いてあったし。とまだ諦めきれず、変に意地を張って数か月バスマットなし生活を続けました。

でも、やっぱり無理!バスマットない生活なんてできない。

実際バスマットを買ったら快適~

数か月バスマットなし生活をしてやっぱりバスマットは必要と感じたんだから、我が家にはバスマットは必要ということ。

ようやくそんな当たり前のことに気づきました。

 

ートイレマット編ー

トイレマットもよく考えたらいらないかも。

トイレマットがあるとトイレマットを洗わなくてはいけないし。トイレマットがなくなれば洗濯しなくていい。それにトイレもすっきりする。とこれもまたミニマリスト・シンプルライフに影響されまくり・・・

でも、実際トイレマットがなくなったら長女がトイレに入ってびっくりしてまして。

長女「なんでミニーないの?汚しちゃったの?新しいの買うの?」(ミニーのトイレマットでした)と心配している様子。

私「もうマットはいらないかなと思って捨てちゃったんだ」と言ったら悲しそうな顔になっていました。

別の日、親戚の子どもたちが我が家に遊びに来た時、親戚の子が我が家のトイレに入ってやっぱり驚いてました。

「なんでトイレのマットないの?お金ないの?」と大騒ぎ(苦笑)

子どもは「トイレマットない=お金がない」という発想になってしまうらしい。

よく考えたらトイレマットを洗う手間ってそんなに大変かな?トイレマットがあったほうがトイレが明るくなるよね。と感じトイレマットもまた買いました。

 

まとめ

実は私の地域にミニマリストさんがいるらしくその家族の子が小学校でいじめられているとママ友経由で知りました。

子どもたちには家に物がないということは貧乏と感じてしまうようで、「貧乏貧乏」と学校で言われているそうなんです。

我が家はマットだけ処分しただけで済んだけど、マットなし生活が快適だと感じていろんなものを捨て始めていたら今頃家の中がどうなっていたんだろう。

ミニマリストになって子どもがいじめられたらたまったもんじゃないので、我が家のミニマリスト・シンプルライフ計画は中止となりました。

でも、ミニマリスト・シンプルライフの方のブログは定期的に見ています。

おもちゃとか物が気が付くといっぱいになってしまうので、ミニマリスト・シンプルライフのブログを見て「いらない」「不要」「捨てる」をイメージ。

一気に断捨離~をする生活が私には合っているようです。

あくまでもほどよく。物がある生活を楽しみたいと思います。

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄(30代)へ
にほんブログ村

 

スキンケアブログはこちら↓

♡スキンケアを1から学ぶ主婦の記録♡

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ページ上部へ戻る