カワイ音楽教室 何回のレッスンでサウンドツリー1Aを終わらせたのか。サウンドツリー1Bの教材代を紹介します

年長の長女はカワイ音楽教室の子どもピアノコースに通っています。

ついにテキストがサウンドツリー1Aから1Bになりました。

「何回のレッスンでサウンドツリー1Aが終わったのか」「サウンドツリー1Bの教材代」など紹介させていただきます。

サウンドツリー1Aはどのくらいで終わったのか?

スポンサーリンク

サウンドツリー1Aが終わったのは実はかなり前です。

(このブログでは身バレ防止のため、身の回りで起きた出来事を多少前後させて紹介しています。)

まず、サウンドツリー1Aというのはカワイ音楽教室ピアノコースに入会したら、最初にもらうテキストです。

サウンドツリー1Aを何回のレッスンで終えたのかをネットで検索してみると「11回のレッスンで終わった。」というブログが多かったです。

でも、中には半年以上終わるのに時間がかかったなんて方もいました。

早く終わるからすごいというわけではなく、基礎レッスンなのでできないのであれば時間をかけレッスンしてもらった方がいいと思います。

で、私の長女はサウンドツリー1Aを8回のレッスンで終了しました。

早すぎやしないかい?

テキストが終わったということはまた新たにテキストを購入しなくてはいけないので。。。

まあ、お財布としては厳しいけど、レッスンが順調に進んでいるってことなので良しとしよう。

長女が8回のレッスンでサウンドツリー1Aを終えられた理由

先生曰く8回のレッスンでサウンドツリー1Aを終わらせたのは早いとのことでした。

先生から聞いた、「長女が8回のレッスンでサウンドツリー1Aを終えた理由」を紹介します。

1.文字が読める

長女はひらがな、カタカナ、数字が読めるので楽譜を見ながらなんとなく今はここを弾いていて、次はここを弾くというのがわかったので文字が読めない子に比べ教えるのも楽だったそうです。

2.ドレミの場所を知っていた

長女は保育園でメロディオンを弾いているので、ドレミの場所がわかります。

なので、先生が「次はド、次はレ」というとすぐに「ド」「レ」を弾けました。

それくらい普通なのかと思ったのですが、鍵盤を見てどれが「ド」「レ」「ミ」なのかを判断するのはピアノを始めたばかりの子どもには難しいんだそうです。

ドレミの場所がすぐわかるので先生からレッスン中「すぐドの場所がわかるんだね。すごい」と何度も言われていました。

3.楽譜も読めるみたい

私が楽譜を見ながらこれが「ド」これが「レ」と教え、さらに四分音符と二分音符などの♪の長さを教えたらあっという間に覚えてしまいました。

初めての曲を先生が弾いて、それから楽譜を見ながら長女がピアノを弾き始めるので先生は「楽譜もうわかるの?本当に?」と何度も聞いては驚いていました。

子どもの記憶力ってすごい。

まだ楽譜が読めないのは当然とは思わず、教えてみたらできると思います。

子どもができることの上限を決めているのって大人次第なんじゃないかと最近思います。

 

グレードテストっていつやるんだろう。

テキストが終わったらやるものだと思っていたのですが、先生から何も言われていません。

謎。

グレードテストも受験料かかるし、受けなくていいなら受けなくていいかなと思ってます。

サウンドツリー1Bも内容を見たらそこまで難しくないのであっという間に終わりそう。。

サウンドツリー1Bテキスト代ってどのくらい?

スポンサーリンク

サウンドツリー1Aが8回のレッスンで終了したのでついこの間教材代払わなかったっけ?デジャブ感たっぷり(笑)

さて、また教材代を払わなくてはいけません。

サウンドツリー1Bの教材を紹介

・サウンドツリー1B

・サウンドツリー1Bシール(先生が持っています。)

・サウンドツリー1Bおんがくのーと

・CDサウンドツリー1B

サウンドツリー1Aのおんがくのーともまだ全然やっていないのに、1Bのおんがくのーとをまたもらうの?と納得できないのですが、

仕方ないのかな。

たぶんサウンドツリー1Aのおんがくのーとはもうやらないと思います。

※サウンドツリーのおんがくのーとは♪の勉強や楽譜の勉強をする教材。30分のレッスン内でやるので毎回5分から10分くらいしか時間を取れず全然できてません。

教材代ですが、上記の内容で4,750円(税込み)です。

習い事はお金がかかりますね。

頑張って働いてお金かせぐぞ!!!

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄(30代)へ
にほんブログ村

スキンケアブログはこちら↓

♡スキンケアを1から学ぶ主婦の記録♡

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ページ上部へ戻る