保育参加ってどんなことするの?保育参加の内容と感想を紹介します。

最近「保育参観」ではなく「保育参加」を実施している保育園が増えているそうです。

初めて保育園から「保育参加のお知らせ」が来た時、しっかり読んでいなかったので保育参観のことを保育参加と呼ぶ保育園なんだなと思っていました。

でも違ったのです。

「保育参加」は「保育参観」とはまったく別物!!そして、かなりハードでした。。。

「保育参加」の内容と感想そして、「保育参加」をやる目的を紹介します。

「保育参加」ってそもそも何?

スポンサーリンク

「保育参観」は聞くけど「保育参加」は初めて聞いたという方も多いのではないでしょうか。

「保育参観」は普段子供たちが保育園でしていることを陰からそっと見たり、教室の後ろで保育の様子や子供たちの様子を見ること。

小学生でいう「授業参観」の保育園版みたいなもの。

それに対して「保育参加」はその名の通り、保育に参加をして保育園で普段していること、子供たちの様子を見ることができる貴重なイベント。

保育に参加と言っても保育園にいればいいだけ、「保育参観」とそんなに変わらないと思ったら大間違い。

保育を見るのではなく保育士さんの一員として「保育に参加」をするのです!

「保育参加」は最近いろいろな保育園で取り入れているようです。

 

「保育参加」の内容

私の子供たちが通っている保育園では0歳、1歳、2歳までは「保育参加」3歳以上は「保育参観」をしています。

教室に貼られている希望日に〇を付け、その日に「保育参加」をするのですが、平日の昼間に「保育参加」をするので仕事は丸一日休暇を取らなくてはいけません。(1日1家族限定)

そのため、保護者の中には「保育参加」に参加したくない!という方もいるようです。

でも、「保育参加」は保育園の様子や子供の様子を見ることができる貴重な機会なので、参加することをおすすめします。

では、先日1歳次女の「保育参加」に参加してきたので、内容を紹介します。

 

8:50 長女を先に先生に預け、次女と一緒に1歳時クラスの教室に登園

 

9:00 朝礼に参加

全員の子供たちの名前を呼んだあと、「今日は○○ちゃんのママが1日一緒に過ごします。リセさん、自己紹介お願いします」と突然言われる(笑)

とはいえ、1歳か2歳くらいであまり言葉がわからない子ばかりなので「○○(次女の名前)のママです。今日一日いっぱい遊ぼうね。よろしくお願いします」と簡単に挨拶。

 

9:10 歌や手遊び

先生がピアノで今月の歌や手遊びをしてくれます。

保育参加に参加した保護者も保育士さんと一緒に歌を歌ったり、手遊びをします。

久しぶりに歌う歌も多く、楽しかったです。

 

9:30 自由時間

床におもちゃを広げて子供たちが自由に遊びます。

ママがいるので、当然次女は私のそばから離れません。

他の子も普段この時間にいない大人がいるので興味深々。みんな近寄ってきておもちゃをくれたり、抱っこしてと言ったり、本を読んでというようなしぐさをするので、保育士さんのように相手をします。

 

10:00 お散歩

お散歩車といって4人の子供が乗れるベビーカーみたなものを私も押させていただき、散歩をしました。

みんな周りを見たり、「お花だ」「ブーブだ」とお話してくれました。

 

10:15 公園で遊ぶ

柵が付いた小さな公園で子供たちを降ろし、公園で遊びました。

砂を頭からかぶる子、スコップで遊びたいけど他の子が使っていて遊べず泣く子、公園から逃走しようとする子などなどとにかく1歳児のパワーがすごく圧倒されました。

ひたすら走っていたような気がする・・・

普段この時間にプールをしているみたいです。

 

10:45 保育園に戻る

ここからさらに大変。

公園で遊びみんな砂だらけなので、全員裸にし一人ずつシャワーをします。

中腰になって一人ひとり洗ったので、腰が痛くなりました・・・

シャワー後はお着換え。

みんな逃げ回るので捕まえるのが大変!!

いっぱい遊んで眠くなり、機嫌が悪くなっている子もいました。

保育士さんって大変・・・

 

11:10 昼食

やっとお昼ご飯。テーブルを出してテーブルに食器を並べる。

子供たちを連れてきて、お手拭きタオルで手を拭く。お食事エプロンをする。

食事中はのんびりできるのかと思ったら、「リセさんは○○ちゃんと○○くんをお願いします」と言われ、2~3人の食事のお世話をすることに。

ご飯をこぼすは、落とすは、投げるは(笑)

促さないと食べない子もいるので、声をかけながらお世話をしました。

 

11:40 食事の片付け&お昼寝準備

私は食事の片付けを担当しました。

床にご飯粒やおかず、お茶が散乱していて唖然・・・

「毎日こんなに汚れるんですか?」と先生に聞いたら「いつもよりきれいなくらいですよ」とのこと。

これは大変だ・・・

お昼寝準備の先生方は子供たちの汚れた服を着替えさせたり、布団を敷いたり走り回っていました。

 

11:50 お昼寝

準備ができた子から順次お昼寝。

とはいえ、すぐになんて寝ない。起きて遊びだす子もいて大変・・・

 

12:00 保護者休憩

ようやく保護者は休憩の時間。

お昼は子供たちと同じ給食。バランスのよい内容で味も美味しかったです。

午前中動きまくりで、目を閉じたら寝そうなくらいくたくたでした・・・

 

12:40 担任の先生と面談

担任の先生と面談をしました。

普段の次女の様子や、今日一日の感想や保育園への要望があるかどうかなど結構濃い内容でお話しました。

先生とはいつも送り迎えの時にちょっと話すだけなので、こうして時間を取って次女のことを話す機会はないのでありがたい時間でした。

次女は何に対しても積極的で他の子との交流も次女からしていて活発な子とのことでした。

一安心♡

 

13:00 アンケート記入

まだ、半日ですが、ここまでの保育参加についてのアンケート。

保育参加でしてほしいこと、保育園への要望などなど面談で話せなかったこともどんどん書いて下さいということでした。

 

13:15 掲示物作成のお手伝い

子供たちはまだお昼寝中なので、その間教室に貼る掲示物作成のお手伝いをしました。

画用紙を切ったり、のりで貼ったり、作りながら保育士さんとお話できるのが楽しかったです。

 

14:00 子供たち起床

14時ごろから子供たちが起き始めます。

起きた子からオムツを変えたり、お着換えしたり、布団を片づけたり、お茶を飲ませたりとまた忙しくなってきました。

 

15:00 絵本朗読

「保育参加」に参加した保護者が保育園にある絵本の中から自由に1冊選び子供たちに読んであげます。

これがまた大変で、先生が読むとみんな絵本に集中するのに私が読み始めるとそっぽを向く子や明らかにぼーっとしている子がいたりと絵本を読むのもコツがあるんだなと勉強になりました。

改めて保育士さんってすごい!

 

15:30 おやつ

また机やいすを準備し、子供たちの手をお手拭きタオルで拭き、お食事エプロンをさせおやつタイム♡

私にも同じおやつが配られたのですが、みんな「ちょーだい♡」と可愛く言うもんで子供たちにあげちゃいました。

 

16:00 おやつの片付けが終わり次第帰宅

やっと帰宅の時間。長女も一緒に帰宅。もうふらふら。家事なんてできる気がしない。

帰宅して、実母に長女と次女をちょっとだけ見ててもらい、昼寝しました。。

保育参加の感想

■他の子供たちの顔と名前を覚えられる

1日子供たちと一緒に過ごすので、全員ではないものの子供たちの名前を覚えられるし保育園に行くとみんな近づいてきてくれるようになり、可愛くて仕方ないです。

■体力が持たない

保育参加の内容を見ていただけるとわかる通り、1日動きっぱなし。

しかもずっと走りまわるか、誰かを抱っこしているので午前中だけでふらふらになってしまいました。

これを毎日保育士さんたちはしているんですよね。

頭が上がりません。

■保育園でのリアルな子供の様子がわかる

保育参加のはじめは次女は私にべったりでしたが、だんだん時間が経つにつれ他の子と遊んだり他の保育士さんに抱っこをせがんだりして私がいることに慣れてきた様子。

普段のリアルな様子が見れるので安心できます。

■保育士さんには感謝しかない

1日保育士さんとして動いただけで、とても疲れました。

これを保育士さんは毎日しているんですよね。

もっとお給料高くてもいいんじゃないか、というかもっとお給料上げてほしいと本気で思いました。

保育参加のねらい

仲のよい保育士さんから聞いた保育参加のねらい

■保育園への無茶な要望が減る

「保育参加」を導入してから保護者からの無茶な要望が激減したそうです。

「保育参加」導入前は1時間に1回おしっこをしていないくても、オムツを変えてほしいだったり、体をこまめに拭いてほしい、公園に行ったあと泥のついた洋服をもっときれいに洗ってほしい。などなど保育士さんの負担になるような要望を言ってくる保護者の方が多かったんだそうです。

でも、「保育参加」導入後は保育士さんの仕事がどれほど大変なのか保護者の方がわかるためか、このような要望を言ってくる保護者が激減したんだそうです。

1日保護者がいると保育士さんとしては気を遣うし、それはそれで大変だけど無茶な要望が減ったし保育士が1人増えるようなものだから仕事も楽になるし「保育参加」のメリットはたくさんあると言っていました。

 

■保育士さんのリアルな様子がわかる

保護者の前では良さそうな保育士さんだけど、保護者がいないと・・・という保育士さんはやはりいます。

私も次女の「保育参加」の時、いつも笑顔で優しそうだなと思っていた保育士さんの周りに子供が全然近づかず、その保育士さんが抱っこすると泣くという光景を何度か目撃しました。

「あれ?なんでだろう」と思い見ていたら、子供への対応が雑なんです。

子供のペースを考えず、手を引いて歩いていたりご飯を食べさせたり・・・

送り迎えだけではわからないことだったので「保育参加」に参加して良かったなと感じました。

とはいえ、先生を変えてほしいとはいえませんが。。

保育参加の疑問

■母親以外が参加してもいいのか。

ほとんどの保育園で母親以外が参加しても大丈夫だと思います。

毎年父親が参加している子もいるそうですし、中には夫婦で参加したり、祖母祖父が参加するケースもあるんだとか。

子供たちが通っている保育園では保育参加は1家族1回と決まっているわけではないので、2回以上参加している家族もあるんだそうですよ。

 

■保育参加に参加しなくてもいいの?

保育園にもよると思いますが、子供たちの保育園ではなるべく参加してほしいと案内していて、ほぼ全員の親が参加しているそうです。

ただ、平日1日がつぶれるので仕事が忙しく参加できないという方もいるそうです。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

私は長女の時も「保育参加」に参加しましたので、今回で4回目になるのかな?

1日保育士として保育をするのでものすごく疲れるのですが、先生の様子や子供の様子がわかる貴重な機会なので仕事が休める限り今後も参加しようと思っています。

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄(30代)へ
にほんブログ村

 

スキンケアブログはこちら↓

♡スキンケアを1から学ぶ主婦の記録♡

 

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ページ上部へ戻る