女の私にもできたバンカーリング(スマホリング)の外し方

数年前からスマホにバンカーリング(スマホリング)を付けている人が増えてきましたよね。

スマホで検索したり、写真を撮ったり、動画を見ているときよくスマホを落としませんか?

女性だとスマホの横幅って微妙に手のひらに収まらないんですよね。なので、バンカーリング(スマホリング)の存在を知った時は感動しました。

そんな便利なバンカーリング(スマホリング)ですが、スマホを変える時とかスマホを買い取ってもらうときには外さないといけないんですよね。

最初はすぐ外れるだろうと思って思いっきり引っ張って外そうとしたのですが、外れない!!!

え?どうすればいいの?ネットで調べまくって結局自己流で外すことに成功したので紹介します。

バンカーリング(スマホリング)の外し方

スポンサーリンク

私がバンカーリング(スマホリング)を外した方法を紹介します。

試行錯誤の結果、私が外す事ができた方法は・・・

こんなようなカード↓をぐいぐい左右に揺らしながらバンカーリングの隙間から入れていきました。

私はカバンの中に入っていたアンパンマンカードを使いました(笑)

半分くらいカードが入ったらあとはシールを外すようにスルーっと外れてくれました。

久しぶりにすっきりした私のスマホ♡

ちなみに、バンカーリングを外したあと、スマホにべたつきが残らないか心配しましたが、外したあとべたつきはありませんでした。良かった。

デメリットとしてこの方法だとバンカーリング(スマホリング)の再利用は難しいかも。

カードを無理やり押し込むので粘着部分の半分がよれてしまいました。

そんなに高いものではなかったので、このバンカーリング(スマホリング)は捨てました。

バンカーリングの外し方で失敗した方法

①スマホリングを上に引っ張って無理矢理外そうとした。

この方法だとスマホが壊れてしまう恐れがあるんだそうです。私のように無理矢理外すことは止めた方が無難ですし、おそらく頑張ってもはずれないと思います。

 

②スマホリングを回すように外そうとした

ネットでバンカーリングを外す方法を調べてみたら、バンカーリングを回すように外すとうまく取れると書いてあったので試してみたのですが、結果としては失敗しました。

このバンカーリングを回す方法は結構力がいるので女性には厳しいと思います。

そして、爪が伸びている方やネイルをしている方も爪が邪魔でバンカーリングを回すなんてできません。

 

まとめ

スマホをネットや店舗で売るとき画面の保護シールやバンカーリングは外さないと査定をしてくれない業者がほとんどです。

なぜなら保護シールやバンカーリングは査定をする業者が勝手に取ってはいけない決まりのようで(買取が成立していないので当然と言えば当然ですよね)、仮にバンカーリングを外さずに買取をして買い取ったあとにバンカーリングを外したら大きな傷があった・・・なんてことも考えられるので査定ができないんですって。

買取だけではなく、別のバンカーリングにしたい!だったり、バンカーリング付のスマホケースに変えたいなんてことも考えられるので、バンカーリングを外したいと思う方も多いと思います。

今回外してみようと思ってネットで検索してみたのですが、どれも女性には難しい外し方ばかりだったので自己流で頑張って剥がしました!!!!

同じようにネット上にあるバンカーリングの外し方でバンカーリングが外れなく悩んでいる方もいると思うので、参考になったら嬉しいです。

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄(30代)へ
にほんブログ村

 

スポンサーリンク

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ページ上部へ戻る