秋田県式家庭学習ノートの本を読み子供の勉強について改めて考えさせられた

秋田県式家庭学習ノートってご存知ですか。

秋田県は小学校の全国学力テストで平成19、20年に2年連続で全国トップになりました。

全国トップになった理由が家庭学習ノートにあるというのです。

家庭学習ノートは1日1~2ページほど自分の好きなことノートに書いて勉強するというもの。

ノートさえあれば手軽に始められること。ノートだけなので費用もほとんどかからないこと。小学校入学前からでも十分有効な勉強方法だと感じたので私自身の勉強のため「秋田県式家庭学習ノート」についてまとめられた本を図書館で借りて読んでみました。

 

秋田県式家庭学習ノート

スポンサーリンク

新品の本を買うか、メルカリなどで古本を購入するか悩んだのですが、図書館にあるかなと思ったらありました。

秋田県式家庭学習ノートについての本はたくさん出版されていますが、図書館にあったのが『勉強グセと創造力が身に付く 秋田県式家庭学習ノート』

すでに誰かが借りている状態だったため、予約だけして待っていたのですが2週間ほどで借りられました。

お近くの図書館に秋田県式学習ノートの本があれば図書館で借りるか、Amazonで見たら新品でもリーズナブルな価格だったのでAmazonで買ってもいいかもしれません。

 

すでに小学生のお子さんがいる方も、小学生になる前のお子さんがいる方もぜひ読んでほしい1冊。

秋田県の子供は家庭学習ノートをすることが毎日の習慣になっていて、なんと親が言わなくても自ら進んで家庭学習ノートをしているそうです。

これは学校全体で家庭学習ノートを毎日1ページするように指導をしてくれているおかげでもあるのですが、家庭でも十分できるなと感じました。

考えてみれば今は親と一緒に勉強をしていますが、小学校3年生くらいになれば親と一緒に勉強だなんて子供が嫌がると思います。

そうなると子供だけで勉強をするという力を今から付けておく必要があるんですよね。

ということは今から勉強の仕方を教えてあげる必要があるんです。

チャレンジやZ会、ドラゼミをやっている方なら子供に毎日1ページはやるように今から習慣付けてあげるとか、1回やるだけではなくできなかった問題は家庭学習ノートにやってみようとか。

あと、何度も書かれていたのが「勉強嫌いにさせない」ということ。これが大事なんだそうです。

これって一番難しいですよね。

うちの長女はとにかく学ぶことが大好きなのでやりたいだけやらせている感じですが、そのうち勉強が難しくなって私と喧嘩をするようなことも出てくると思うんです。

そうならないように、親が忍耐強く子どもと向き合って子供のやる気を伸ばしてあげられるようにしてあげなくちゃいけません。

あー。難しい(笑)

とにかく最後までなるほどな。うん。うん。というような内容ばかりで親側の勉強を教える姿勢について学べました。

おすすめの1冊です。

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄(30代)へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ページ上部へ戻る