魔の2歳児。イヤイヤ期っていつからいつまで?2歳より3歳のイヤイヤ期の方が大変って知ってた?対処方法など紹介します

先日2歳になった次女のイヤイヤ期がピークを迎えています。

何をするにも「嫌!嫌!嫌!」

ここ最近なんでもかんでもイヤイヤ言われているので一周回ってすがすがしくなってきました。

そう思えるのは育児をするのが2人目だからかも。長女がイヤイヤ期の時は「なんでこんなにイヤイヤ言うの?」「一体いつまでイヤイヤ期が続くの?」なんて考えて、仕事から家に帰ってくるのが嫌!だったな(笑)

イヤイヤ期っていつからいつまでなの?

スポンサーリンク

一般的にイヤイヤ期は1歳半ごろから始まり、3~4歳ごろに終わります。

1歳半ごろから始まりますが、イヤイヤ期のピークは2歳ごろのことがほとんど。

それから波はあるものの段々落ち着いてきます。

やった!3歳前にイヤイヤ期が終わった~。うちの子のイヤイヤ期は平均より短めだったみたい!

なーんて喜んでいると、3歳過ぎ頃、またイヤイヤ期がやってきます。

2歳児ごろのイヤイヤ期はよく知られていますが、3歳過ぎ頃にもまたイヤイヤ期のピークがやってくることを紹介しているサイトは少ないです。

3歳のイヤイヤ期は2歳のイヤイヤ期より壮絶なことがほとんどなのに・・・・

3歳ごろのイヤイヤ期は2歳より大変

2歳ごろのイヤイヤ期も大変ですが、外でイヤイヤ言ったら、抱っこして連れて帰ればいいし結構お菓子をあげればいい子になったりと変わり身が早いのも特徴ですよね。

3歳のイヤイヤ期を経験すると2歳のイヤイヤ期が可愛く思えてきますよ。

3歳ごろのイヤイヤ期が大変な理由

■力が強くなっている

2歳とはくらべものにならないほど力が強くなる3歳。

忙しい朝に「服を着ない!」とイヤイヤされたら大変!2歳くらいだと無理矢理着替えさせることも可能だけど、力が強くなった3歳児に無理矢理服を着せるなんて無理!

手足をバタバタさせてイヤイヤされた時なんて手や足が当たり痛いし、もうどうしていいのやら。

■体が大きくなっている

2歳の頃は外でイヤイヤされたら抱っこして帰って来れますが、3歳は体も大きくなっているのでイヤイヤしている状態で抱っこして帰るなんて不可能に近いです。少なくてもママでは対応しきれないのでは?

■言葉も達者になる

3歳になると言葉も達者になるのでイラっとするようなことを言ってきたり、2歳の時は通用したごまかしも効かなくなるし、声も大きくなり外で騒ぐといろんな人に「虐待しているの?」というような目つきで見られ嫌な思いをします。

■ダメなこととわかっているはずのことをわざとする

3歳にもなると何が良くて何がしてはいけないことなのかある程度わかってきます。

絶対頭ではこれはいけないこととわかっていることを親の様子を一応うかがいながらやります。

というか、親が見ていることを確認し、実行します(笑)

本当にたちが悪い。

■もう3歳なのになんでイヤイヤするの?と考えてしまう

もう3歳だよ?赤ちゃんじゃないんだよ?なのになんでまたイヤイヤ期が始まるの?うちの子だけなんで?そんな風に悩んでいた時、保育園のクラス懇談会がありました。

すると出てくる出てくる3歳児のイヤイヤ期体験。それもみなさん一律2歳のころより大変と口々に話していました。

そしてどの親御さんも思ったはず、「イヤイヤ期なのはうちだけじゃなかったんだ。みんな大変なんだ」と。

それを知りどんなにホッとしたか。

 

3歳でもイヤイヤ期はあります。それを教えてくれるサイトがほとんどなく不安に思っている親がたくさんいることも知りました。

3歳だからイヤイヤ言うのはおかしいと思わず、まだ3歳。ついこの前まで赤ちゃんだったと思えば少しは楽になるかも。

イヤイヤ期中の子供への接し方

子供がイヤイヤ言うのは成長のあかし。

今までは何をするにも親が決めて親がやってあげていましたが、もう自分で選びたいし自分でやりたいんです

だから例えば服を選ぶとき、毎朝家にある服を全部床に並べて次女は自分で服を選んでいます。

自分で服を選んだ次女はそのまま自分で服を着ようとします。

ここで大事なのが、子供が着替えに難航していてもすぐに親が手を出さないこと

しばらく様子を見て、それでも着れていなかった片手を入れるところまで手伝ってあげるとか服を着やすいようにエスコートし、あくまで子供自身が服を着た!と思ってくれる程度に手伝ってあげることが大切

 

保育園で見かけるイヤイヤ期の子

絶賛イヤイヤ期の次女。

でも、イヤイヤ期なのは次女だけではありません。

次女がいる1歳児クラスに行くとあちらことらから「嫌!」「いや!」「イヤ!」という声が聞こえてきます。

面白いのが朝保育園に着てくる服がみんな面白い。

パジャマの子もいたり、上の子の大きい服を着ていたり、すっぽんぽんの子もいたり(笑)

親同士で「大変でしたね」と笑いながら話しています。

みんな戦っているんだ。と思えると安心します。

保育園に通ってなく、家で育児をしている方は同世代の子がどんなイヤイヤ期なのかわからず不安だろうなと思います。

大丈夫。みんな戦ってます。

いつか終わる。それがいつなのかはわからないけど、絶対イヤイヤ期は終わります。

 

そうそう。面白かったのが次女のクラスの天然風保育士さんから「○○ちゃん(次女)はもしかしてイヤイヤ期ですか?」と真顔で聞かれ噴き出してしまいました(笑)

改めてそう言われると面白くて。

保育園でも子供たちはイヤイヤ期全開のようで、先生方と子どものイヤイヤ期の大変さを共有できているのも心強いです。

イヤイヤ期の子には叱った方がいいの?

イヤイヤ期だからって特別な対応は必要ありません。

イヤイヤ期になる前と同じようにダメなことをしたら「ダメだよ」と注意すればいいだけ。

そして、叱ったあとは思いっきり抱きしめるようにしています。

嫌って言われても「ママも嫌~」と言いながらぎゅーとすると、イヤイヤ言いながらも嬉しそうな笑顔をしてくれ、イヤイヤ期中の癒しになっています。

まとめ

イヤイヤ期って終わりのないトンネルみたいで辛いですよね。

何年の何月何日にイヤイヤ期が終わります!ってわかっていればまた違うんだろうけど、こればっかりはわかりませんから。

イヤイヤ期はほとんどの子が通る道。つまりほとんどの親が経験しているってこと。

みんな一緒。イヤイヤ期で悩んでいるのはあなただけじゃない。

大丈夫。

いつかは終わるから。

 

 にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄(30代)へ
にほんブログ村

 

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ページ上部へ戻る