オムツ替えを嫌がる 泣く なかなか履いてくれない子供におすすめオムツ替えのポイント

我が家の2歳の次女はイヤイヤ期真っ盛り。

毎日「イヤ」しか言っていない気が・・・

特に今大変なのがおむつ替え

毎日どうにか履かせようと試行錯誤する日々です(笑)

そんな我が家がオムツ替えを嫌がる子供にオムツ替えすることに成功した方法を紹介します。

2歳児のオムツ替えは大変

スポンサーリンク

1歳の頃は寝返りしたり、歩くようになるとオムツ替えが大変になります。

1歳の頃のオムツ替えも大変ではありますが、力と知恵がついてくる2歳児のオムツ替えは戦争です(笑)

私「オムツ替えしよう」

娘「いやー」

私「待ちなさーい」と追い掛け回す日々・・・

そんなこんなしているうちにシャーっと音が。。

私「ほら!だから言ったでしょう?早くオムツ履かないとおもらししちゃうんだよ!」

 

保育園でトイレトレーニングが始まっていて成功率も高まっているみたいだけど、保育園だとお友達や先生がいるから子供なりに張り切るみたいなんですよね。

保育園でできていることが家ではできないことなんてざら。

「あれ?○○ちゃん(次女)もう保育園ではほとんどトイレ失敗しませんよ?」

嘘でしょう?家ではトイレなんて行こうともしないんですけど。

 

今はトイレトレーニングよりなんとかオムツを履かせようと毎日工夫するのに精一杯。

我が家が試行錯誤しながら工夫している2歳児のオムツ替えのポイントを紹介します。

オムツのメーカーを変えてみる

先日ずっと使っていたパンパースからマミーポコにオムツを変えたのですが、メーカーを変えた途端次女のオムツ替えが楽になったんです。

2歳で価格が安いマミーポコデビュー。パンパースとの比較。どのくらい安いのか。Pマークに意味があるのかなど調べてみました

生まれてからずっとパンパースを使ってきた次女。

しまじろうのキャラクターは好きなもののさすがに飽きていたみたい。

マミーポコのオムツって1パックにいろんな柄がたくさん入っているので毎回「どれにしようかな」とニコニコで選ぶ次女。

自分で選んだオムツなので当然ご機嫌で履いてくれました。

でもね。変なこだわりがある2歳児。

どれも可愛い柄なのに1種類だけ次女の好みではないデザインのものがあるらしく1パックが終わる最後の方は同じ柄ばっかり(笑)

しかもね。全部同じ柄に見えるんですが、一応全部並べて「どれにしようかな」と選ぶんですよ。

「どれも一緒じゃん。」と声をかけつつ(笑)

かなりの時間をかけてじっくり吟味。

数枚は嫌いな柄でも履いてくれるものの、元は嫌いな柄なので数枚続くと「イヤ」っていうようになってきまして・・・

次なる作戦をするしかなさそう。

オムツに絵を書いたらご機嫌♪

すいません。私絵心が全くありません。

ブログにアップするのも悩みましたが、こんなに下手な絵でも子供がとっても喜んでくれているので載せることにしました。

 

マミーポコにおむつを変えて順調だったオムツ替え。

でも、どうしても嫌いな柄がありまた「嫌」というようになったので、悩みに悩んで、「なんの絵がいい?」と次女に聞いてオムツにキャラクターの絵を書いてみたんです。

そしたら、大成功!!!

「アンパンマーン♡」「わんわーん♡」「しまじろう♡」とニコニコ笑顔で絵を書いている私を見つめ書き終わったら同居してる母に「見て~」と見せに行く次女を見ると大変だけど書き買いがある(笑)

それに素直にオムツを替えてくれる!

保育園では先生に「あれ?アンパンマンがいる!」と言われ喜んでいるらしいです。

まとめ

2歳くらいの子ってさっきまで喜んでいたのに今回はダメってことも多いので、今回の方法もいつまで順調かはわかりませんが、とりあえずしばらくオムツのメーカーを替えてみる→オムツに絵を書いてあげる作戦でオムツ替えをしてみるつもり。

また良さそうなオムツ替えのポイントを見つけたら紹介します。

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄(30代)へ
にほんブログ村

 

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ページ上部へ戻る