子供と図書館に行くのが心配 不安という方が多いらしい。心配するより行ってみれば印象が変わりますよ。

子供と図書館に行ってみたいけど、騒ぎそうだし本を破りそうで怖い。というママさんが周りに多いことを知りました。

不安になるより行ってみればいいのに。

行けば心配より来てよかった!また来たい!に変わると思いますよ。

子供が騒ぎそうで怖い

スポンサーリンク

子供と一緒に図書館に行くのが不安って思っている人のほとんどが図書館で騒いで迷惑になりそうと考えている人が多いそうです。

結果から言うと図書館で騒いでいる子はいるので大丈夫

最近の図書館はどこもキッズスペースみたいな子供専用の本を読むスペースがあります。

そこでは親が子供に声を出しながら本を読んであげている人もいますし、図書館のスタッフさんが定期的に紙芝居や本を読んであげている光景も見かけます。

それに普段外では大騒ぎしている子も図書館に行くとみんな静かなので、空気に圧倒されて静かに話している子もいます。

私は静かな場所では静かにしなくてはいけないということを教える意味でも図書館で過ごすということは子供にとって大事な時間だと考えています。

本を壊す・破ってしまったらどうしよう

図書館で騒いでしまったらどうしようと心配になる方の次に多いのが本を破ってしまったらどうしようと悩む方。

絵本の中には薄い紙でできている本もあるので確かに小さい子に図書館の本を読ませるって心配ですよね。

心配な人はこどものともの絵本がおすすめ

こどものともの絵本の中でも「こどものとも0.1.2」は小さい子向けの内容で厚紙でできているのでそうそう壊したり破いたりすることはありません

保育園で定期購入している園も多く定期購入をしても月420円という低価格なので、自宅まで届けてもらっている方も多い大人気の絵本定期購読サービス。

我が家は2歳前まで保育園で定期購読していて毎月絵本をもらってきていました。

会社で働いていた時はなかなか図書館に行く時間も取れなかったのでこのサービスは本当にありがたかったです。

2歳になり、自宅で仕事をするようになり図書館に行く時間も確保できるようになってきたので、定期購読をやめ図書館でこどものともを借りるようになりました。

何度も借りていますが、破ったり壊したりしたことはありません。

今ではこどものともだけではなく紙が薄い絵本も大量に借りています。

毎週大量に絵本を読んであげても無料だから節約にもなる

子供にたくさん本を読んであげたいけど、毎週毎週いろんな本を読んであげようと思うとお金がかかりますよね。

図書館なら毎週違う本を10冊以上借りても無料。

しかも何度でも借りれることを考えると活用しない手はありません。

たとえば、ちょっと少なめですが今週借りてきた2歳の次女用絵本。

今回借りた8冊総額で6,894円+税

とても自腹では買ってあげられない額。でも図書館なら無料♪

こどものともは本を持って帰るのが大変っていう方にもおすすめ

こどものともには年齢によって対象の絵本のシリーズが違って「こどものとも年少版」「こどものとも年中版」「こどものとも」「ちいさなかがくのとも」「かがくのとも」というシリーズがあります。

「こどものとも0.1.2」以外の上記シリーズは厚さがペラペラなので10冊借りてもそこまで重くなくかさばらないので絵本選びに悩んだときや、重いものを持つのが辛いときは端から10冊こどものともシリーズの絵本を借りています。

内容は季節のものや勉強になるものも多く、親が子供に読んでほしいなという内容のものが多いので悩んだらこどものともを選んでいます。

図書館で無料のイベントをしていることもあります

図書館で無料の映画上映・工作・絵本や紙芝居の朗読をしてくれることも多く暇さえあれば図書館のイベントカレンダーを見て行けそうなら参加しています。

普段保育園のお友達と過ごすことが多い子供たちは同じ市内に住んでいる同じくらいの年齢の子供たちがたくさんいることが嬉しいらしく図書館で知り合った子と顔見知りになり公園で会ったときは一緒に遊ぶなんてこともあります。

私も子供たちも人付き合いがうまい方ではないので、こういう場で知り合った人と遊ぶというのは貴重でいい経験かなと思ってます。

授乳室やオムツ替えをする場所があることも多い

まだ授乳が必要な子やオムツ替えが必要な子がいると図書館で授乳・オムツ替えができるか不安になり図書館に行けないこともあるかもしれません。

私は今住んでいる市の図書館以外にも他市の図書館を利用していますが大体どこも図書館のスタッフさんに声をかけると図書館内の部屋を授乳室として使っていいですよと説明してくれるところがほとんど。

トイレにオムツ替えの台があるところも多いので、授乳・オムツ替えの心配があるから図書館に行かないというのはもったいないですよ。

心配なら事前に図書館に電話してみたり、ネットで調べてから行ってもいいかもしれませんね。

まとめ

子供が生まれて図書館に行こうか悩む方はとっても多いです。

でもその悩みのほとんどが実際行ってみれば悩みってほどでもないことがほとんど。

悩み以上に絵本をたくさん読んであげることにはたくさんのメリットがあります。

思い切って図書館デビューをしてみませんか?

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄(30代)へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ページ上部へ戻る