学童の時間に間に合わない。仕事を辞めないといけないの?仕事を続けるため先輩ママがしている工夫を紹介します

保育園は19時まで預かってくれる保育園も多く、中には延長すれば20時、21時まで保育をしてくれるところまであります。

でも学童はそんなに遅くまで預かってくれるところはないでしょう。

これまで19時以降に保育園へお迎えに行っていたママは大慌てになりますよね。

お迎えにいけないとなると仕事を辞めるしかないのでしょうか。

なんとか仕事を辞めずにすむ方法を紹介します。

学童保育って何時まで預かってくれるの?

スポンサーリンク

ほとんどの学童は18時まで預かってくれるところが多いようです。

中には延長で19時まで預かってくれる学童もありますが、18時以降は有料になることがほとんど。

有料でも預かってくれればまだまし。

問題は18時にお迎えに行かなくてはいけなかったり、集団下校で帰らされてしまう場合です。

ママ友に頼る

信頼できるママ友がいる場合、そしてそのママに同じ学童に通っている子がいる場合ママ友に18時以降預かってもらっているという方もいます。

ただし、預かってもらうママ友にも家族があり家事をしたり大変でしょうからそれなりのお礼をすることは忘れない方が良さそうです。

ファミリーサポートにお願いする

18時以降までにお迎えに行けない人のほとんどの人が学童が終わる時間から仕事が終わる時間までファミリーサポートに預かってもらっています。

有料にはなりますが、低学年のうちは1人で家で留守番させるよりはファミリーサポートに頼った方がいいでしょう。

余裕を持って各自治体のファミリーサポートに登録とその時間に預かってくれる人がいるかどうか確認してみて下さい。

習い事をさせる

意外と多かったのが18時以降に習い事をさせている家庭です。

学童から直で習い事に行かせ、終わるころに習い事の教室までお迎えに行っているという方が多かったです。

ファミリーサポートにお願いするよりも有意義だし、子供も満足していると先輩ママが言っていました。

民間の学童に入れる

最近は自治体の運営する学童以外に民間の学童がある地域が増えています。

私が住んでいる地域にも1か所だけ民間の学童があり割高のため利用する人なんているんだろうかと思っていましたが、帰宅が遅い人などが主に利用していていつも定員いっぱいで待機している状態なんだとか。

もし、民間の学童に入れることを検討しているのであれば1年前くらいから「何時まで預かってくれるのか・費用はいくらなのか・定員は何人なのか・予約はできるのか」くらいは調べておいた方が良さそうです。

18時以降は自宅で留守番させる

誰にも頼れず、18時にがお願いできるファミリーサポートの方がいないという人は自宅で留守番させているという方もいます。

低学年の場合心配だという方もいると思いますが、実は私が小学生の頃18時に集団下校しそれから一人で自宅で留守番をしていました。

最初こそ1人で不安でしたが、慣れてしまえば自由にテレビが観れるし快適でした(笑)

まとめ

子供が小学生になったら働きに出ようと考えている方も多いと思いますが、その仕事が終わる時間をきちんと確認しないと仕事を始めたけどすぐに辞めなくちゃいけなくなった・・・なんてこともありえます。

すでに働いている方もきちんと小学生になってからのことをシュミレーションしないとせっかく頑張って続けた仕事を辞めなくてはいけなくなるかも。

実際私の周りには上の子が小学生になった途端、仕事と送迎のやりくりができず夏前に辞めてしまった方もいます。

送迎が大変なのは低学年のうちだけ。

3年生以上になれば1人でお留守番できる子も増えてくるでしょう。

低学年のうちをどう乗り切るかが鍵のようです。
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄(30代)へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ページ上部へ戻る